スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014春休み(まとめ)

2014.04.06.00:51

今回の春休みのテーマは「経験」。
子どもたちに色々な経験をしてもらいたい!一緒に経験して
沢山のことを感じてほしい。そんなことをふと思って、色々な
人と会い、色々な場所に行きました!


IMG_5261.jpg
3月半ば。近所の子たち(次男と同い年)を預かった日のこと。
自宅の庭の先の広場で、走り回る子どもたち。
仲が良いけれど、やっぱり長時間一緒にいるとぶつかるぶつかる。
3人だから、2対1になることが多く、その度に1人の方がぶーたれる(笑)。

私は少し心穏やかに出来ない部分もありながら、それでもそれを隠しつつ
耳を傾けて様子をうかがっていた。


そうすると、子どもたちだけで解決していく。ふとした瞬間に、誰から
ともなく話しかけて、次の瞬間には笑い合っているのだ。

好きなこと言い合って、イヤな顔して、泣いて、笑って。
あぁ、子どもってこんなもんだったよな。自分だってそうだったよな。
いつから私はこんなに面倒くさくなったんだろう。もっとシンプルで
良いはずだよね、心のままを表現することって悪いことではないよね、
と子どもたちから学んだ一日。


***
IMG_5337_201404052153000ba.jpg
友人の子どもたち連れて、土ころさんで外でパン焼き体験。
朝から焼きたてのパンを頂いたことも美味しい嬉しい経験だけれど、それ
以上に、外で寒いけれど(実際に寒い日だった!)そこで焼き上がる行程を
見れるのは本当に感動もの。

五感全て使って味わったパン。そこには笑顔がたくさんあって。
お腹も心も満たされた一日。


***
IMG_5359_20140405215301f6f.jpg
友人一家が泊まりに来てくれたタイミングで、面白い位スイッチが
入って数十分で自転車に乗れるようになった次男。

色々出来る兄ちゃんを見て、いつも諦めが早いと思っていた次男が
ここまでガッツを見せて「乗りたい!」「やる!」と言ったのは
初めてだったように思う。
乗れるようになってからも、「もっと乗りたい!」彼のその言葉と
表情から、これはとことん付き合わなきゃならん!と思った春休み。
挑戦する志と、自分の思いが叶う喜びを教えてもらった日。


***
IMG_5386.jpg
こめはなやさんでのおやき講習会。子ども3人連れての参加。
こめはなやの尚子さん、ゆっこちゃんはじめ、皆さん本当によく
して下さって、子どもたちにも触らせて作らせて下さった。
先生に聞いて、隣の方に聞いて、沢山の人に見てもらって。
子どもたちにとって、こんなに良い経験は無いと思う。

今の時代、子どもが家の仕事を手伝うということが少なくなっていて
こういった作業の経験も殆ど無い。我が家もご多分に漏れず、そんなに
普段から料理を手伝ってもらっている訳ではない。
だからこそ、こういう場をお借りして、親子で経験したいと思う。
きっと家の中だと頭ばかり働かせて、子どもたちのワクワク感まで
見てあげられる余裕がなさそうだから。
親子でワクワクしながら出来る経験を頂いた一日。


***
IMG_5425.jpg
Hicoさんこと夏秋文彦さんのピアノレッスン。
長男2回目のレッスン。やはり楽しそう。二人で曲を決めて、二人の
ペースで進めて行く。言葉だけで取ると、ごくごく当たり前のような
気がするけれど、一般的なレッスンとは全く違う。
勿論、Hicoさんが長男のペースを読み取って下さっているのだけれど、
私にはやり取りからして既に二人のセッションに見えるのだ。
そのやり取りの「セッション」にもひとつの曲のように波があって、
それが上手いこと盛り上がって、静かに終わって行く感じ。これはもう
Hicoさんの手法なのだと思う。
ピアノの音色と、二人の笑い声と、その場の空間と。心地よさ満点で
私が一番癒されてるのではと思った一日。


***
IMG_5433.jpg
長野で初めてバスに乗った。もう6年も経ったのに初めて!
本数が無いから、とか、自家用車の便利さで見向きもしなかったバス。
今回学校経由で購入した小学生対象の定期券のお陰で乗ることに。

子どもたちのワクワクした姿を見たら、なんでもっと早く乗らなかった
のかと後悔。そして思った以上に自分もワクワクしていた。
自分も小学生の時に、バスで図書館や習い事へ通ったっけ。その時も
1時間に1本しか無いバスだったけど、待つのも苦にはならなかったっけ。
それよりバスに乗ってる気持ち良さ、ドキドキ感が楽しかったっけ。

そんなことを思い出しながら、私も楽しめた!

IMG_5442.jpg
バスを降りて、図書館までの道を歩く。
それぞれの子どもたち、大きくなったなぁと感慨深い気持ち。
3人でこうやって歩けるんだな。私がいなくても、しっかり歩いてる。
こうやってどんどん大きくなって、あっという間に自分の道へとつき進んで
いくのかな・・・なんてしんみり感じた一日。


***
IMG_5485.jpg
春休み中、2回目のピアノレッスン日に、待っている次男と長女。
ジャンベをお借りして、二人で遊ぶ。
こうやって自然と色々な楽器に触れられて、音を聞いて過ごせるのは、
貴重な経験だし、覚えていなくてもきっと身体の奥底で記憶として
残るような気がする。

音楽をやるやらないは本人の自由としても、音を楽しむことは忘れ
ないで欲しいと思う。音楽で人間は人生を楽しんだり、乗り越えたり
できると信じているから。

子どもたちのジャンベの音色の素晴らしさに感動した一日。


***
IMG_5488.jpg
春休み明け最初の週末。4月5日。
2回目のバス乗車は、長男次男二人での乗車。
運転手さんに確認したら快く子どもたちだけの乗車を受けて下さった。
有り難くお願いして、私と長女は車で待ち合わせ場所まで移動。

ほんの少しの距離だけど、子ども二人だけでバスに乗り、最寄りの
バス停で降り、そして待ち合わせ場所まで歩く。その経験がきっと
ワクワクして、ドキドキして、彼らの中で「面白い!」につながる
気がしたのだ。

IMG_5492.jpg
待ち合わせ場所で一足先に待っていて、私を見た瞬間、明るい表情で
走って来た二人。
その時の二人の顔は、自信と喜びに満ち満ちていた。
随分と、逞しくなったんだなぁ。子どもだと思っていたけれど、もう
どんどん私の手から離れて行っているんだなぁとしみじみ思った瞬間。

この後、映画館に行き、二人だけで映画観賞。
映画館のおいさんに「子どもだけでも良いですか?」とお聞きしたら
「うちは良いけどね」と言って下さったので、お願いしてきた。
おやつと飲み物も、ちょっと面白いものを用意して。それをワクワク
しながら食べて飲んで、子どもだけの映画タイム。想像しただけで、
私も楽しくなる!

子どもたちのワクワクは、私のワクワクに繋がって、そしてそれが
大きな喜びと希望に繋がるのだなぁと感じた一日。


そして今日は長女の入園式でもありました。
1歳9ヶ月での入園。兄弟の中では長男と次男の間くらいの入園時期。
早いとするかどうかは人それぞれだと思いますが、このタイミングで
色々が進んでいるのは、今必要なことなのかな、と良い意味で考えています。
第1希望の園も第2希望の園もいっぱいで、第3希望の園への入園で
ドキドキしていたけれど、面接に行ってお話して、今日の入園式で
園の様子を見れて、ここは素敵だ!と思えた園でした。
小さい子も、大きい子も、のびのび過ごせる場所。こんな園が車で
少し行った所にあったんだ!
今回の長女の入園を考えなかったら、この園のことを知らずにいたかも
しれない・・・
そう思ったら、本当にベストタイミングだったのでは、と思えてきました。

そして、子どもたちへの想い。自分の子どもにも、他のお家の子どもにも。
自分の中で確固たるものがうまれてきています。
最近読んだ本や、心に残った言葉たちが、今日一日の起こったことや
感じたことをひっくるめて、すーっと胸の下に落ちた感じ・・・。

この春休み中の私の中で突き動かされていた「何か」にも通じた感じ・・・。

それがストンと落ちて来たら、私の春休みが「終わった!」と思えたのです。
まさに、学びの時間でした。


結局、子どもたちのため、と言いながら、私自身が学ばせてもらった春休み
でした。
毎日沢山のことを学んで感動した日々でした。面白かった!良かった!

子どもたちに沢山のありがとうを。
そしてこれからも一緒に学ばせて下さい。



IMG_5458.jpg
長野の桜は徐々に開花してきています。嬉しい春の訪れです。

身体より少し遅めのスタートとなった心も、この春休みのお陰でようやく
スタートを切れそうです。
スポンサーサイト

theme : 育児日記
genre : 育児

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ukkeymaUmi

Author:ukkeymaUmi

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。